ピックアップ

こんにちは、Sethです。

 

医療従事者の間では有名な現代の偉人

日本人が誇れる人として先日ニュースで訃報があった中村哲さんがいらっしゃいます。

2019年12月4日、73歳でアフガニスタンにてテロ事件に巻き込まれ死亡しました。

 

「信頼関係が一番大切」 中村哲さんが遺した言葉

彼の残した言葉で一番印象的だったのが

「信頼関係が一番大事」ということ。

紛争中ではこの言葉自体、綺麗ごとかもしれません。

日本で培ったその考え方を海外に持っていって多くの人を救いました。

 

中村氏の著書、『医者よ、信念はいらないまず命を救え! アフガニスタンで「井戸を掘る」医者中村哲』

もその考え方が顕著に出ていると思います。

「信念があーだこーだ言ってる暇があれば、目の前の人を救え!」ってことなんです。

 

信頼関係を築くには目の前の人を救っていれば、いずれ自然と信頼関係は成り立っていくものです。

 

彼の経歴や、偉業、著書については実際見て読んで感じていただきたいので、ここでは割愛させてもらいます。

 

何もしてないのに信頼関係だけを得ようとすると

彼の残した言葉、「信頼関係が一番大切」信頼関係というのは何でも重要やな。

当たり前やろって思われるかもしれへんけど、その当たり前のことができてない人が多すぎるし

その当たり前のことができない人も多すぎやねん。

 

人が特定の人を信頼するときってどんなときだと思いますか?

 

何かをくれたとき?

何か問題を解決してくれたとき?

裏がないとき?

何かしらの確証があるとき?

長年の付き合いだから?

 

この間こんな話があったのよ。

 

友達も知り合いも仲間も沢山いる絵描きのAさん

根暗でコミュ障で友達も仲間もいないただのBさん

 

Aさんがお祭りのくじ景品で欲しい物があってな

Aさんはクジをいっぱい引いたけど、お目当てのものが出なかった。

そこでAさんはSNSで

「私が持ってる景品全部と私が欲しい景品1つ交換してください」って言ったんよ。

知り合いも友達も多いから彼の発言はシェアされて、最終的には欲しい物が手に入ったんや。

 

その光景を見ていたBさんが

「Aは絵描きのツテを使って景品を手に入れた」って悪口を言いまくってたんやな。

 

どこをどう見てもただの嫉妬や。

 

ところで、このAさんとBさんの違いわかるか?

絵描きかそうでないか、そういうところ違うで。

 

Aさんはいろんな人に信頼されてたけどBさんは誰にも信頼されてなかったんや。

 

Aさんは日ごろから絵を描いたり、漫画を描いたり色んな人と接して信頼関係を築いてきた。

Aさんが築いてきた信頼関係はファンという形になってAさんはいろんな人に好かれてるんやな。

 

Bさんは誰かに貢献することなく、何をするわけでもなくただ生きてきた。

 

信頼だけを得ようとするのは詐欺

っていうか、自分に何もしてくれない、文句だけ言うやつを誰が信頼する?

誰が友達になりたいって思う?

口だけで信頼してくださいなんて言っても誰も信頼なんてしてくれないし、

逆に「なにか裏があるかもしれない」って怪しまれて終わりや。

 

中村哲さんは

「信念なんてどうでもいいから、目の前の人を救え!」

こういう姿勢が国境とか人種とか言葉とか超越して信頼関係を築いたんやな。

 

自分を救おうと全力を出してる人の姿を見たら、誰でも信頼するって。

 

もちろん、人が「あ、この人は信頼できる人なんやな」って思うポイントは違うと思うよ。

 

俺の場合は「この人、本音でしゃべってるな」って分かったら信頼するねん。

だからもう変な皮被るの止めたし、見てくれてる人、読んでくれてる人、繋がってる人に対しては本音でぶっちゃげてしゃべっていこうと思うのよ。

 

例えば俺のメルマガな、

メルマガ登録してくださいページの内容めっちゃ怪しいやろ?

 

それもちゃんと俺を信頼してくれるためのカラクリをぶち込んでるんやな。

ちなみにメルマガ登録してくださいページと、メルマガの中身はギャップすごいからな。

全部書き直して、俺の本音ぶちこんでるからよかったら読めよ。

 

 

ぶっちゃげな?

何にもしれない人間が「私を信頼してください」なんていうのは、おこがましいことなんよ。

 

何にもしてないっていうのは実績があるないじゃなくて、やってきたことよ。

誰かに信頼してもらおうと、必死に何かを提供できたかどうかよ。

 

例えばな。

ブログで一つのことを幅広く、しかもめっちゃ詳しく書いてたら

「この事柄、分野はあのブログを見れば間違いない」って信頼があるやん。

 

例えばウィキペディアなんかそうやな。

分からない単語があればウィキペディアで調べたらめっちゃ詳しく出てくるやん。

 

せやけど、ウィキペディアとか信頼してください!とか言ってるか?って話。

 

一番笑った信頼させる方法は、知り合いの情報発信者が

「信頼できないのであれば、運転免許書の画像を送ります」

っていうぶっ飛んだことをした人やな。

 

その人が発信していた内容に上乗せされて名前も住所も生年月日も晒しちゃって、もう信頼するしかないやんって思ったわ。

 

結局何かをくれた、何かをしてもらった、本音で話してるとか人によって信頼するポイントなんて様々やけど

全力で自分の本音をぶつけて、その姿、その声を感じてもらえたら自然と信頼関係って築けるよ。

 

一番手っ取り早いのはファンになってもらうことやな。

 

お亡くなりになった中村哲さんには会ったこともないけど、信頼できるって思う。

ご冥福をお祈りいたします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事