ピックアップ

こんにちは、Sethです。

 

みなさんは「オーバーロード」という作品をご存知ですか?

オーバーロード(1)

丸山くがね エンターブレイン 2012年08月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

私は第1期の1話を見て一気にファンになって、

原作の小説をコンプリートしました。(現在連載中)

 

小さい文庫本サイズの本かな?と思ってたら

完全に大きさも分厚さも辞書サイズでした。

 

オーバーロードをご存じない方にちょっとだけ説明をすると

「ずっと長年プレイしていたユグドラシルというネットゲームがとうとうサービス終了になる

そのプレイヤーである主人公が、終わりの時間までログインし続けて、

当時の仲間と最後のお別れ。

楽しかったなぁといいながら眼を閉じ、終了・・・

かと思いきや、ゲームはまだ終わってなかった。

むしろ、ゲームの中から出られなくなっていた。

気付いたことに、今まで喋ることのなかったキャラクターたちがしゃべり始め・・・」

 

という

ゲームの中に入ってしまった主人公が、

ゲームのキャラを演じながらお話が進んでいきます。

 

原作ファンもある程度納得のアニメ?

アニメ第一期では原作小説をゆっくり再現しており

最後13話には意味深な台詞で終わったので

「うぉー!続きが気になるんじゃー!」

って小説を買った人も多いのではないでしょうか。

 

 

主人公とその仲間たちが作り上げたギルドとそのキャラクター

登場する人物たちはとても多いのですが、そのキャラクターたちはとても個性的な上、

アニメでは語られない心情などが原作の小説では細かく表現されています。

 

 

アニメの第一期では割りとそういう部分をカバーしていたのですが

アニメの第二期、第三期と進んでいくごとに

 

 

「あれ?あのシーンとか台詞は?」

という場面が増えていったのです。

 

要するにカットですね。

 

小説1冊分を1話分に縮めてしまうことも・・・

見る層が変わっていく?

カットがどんどん多くなっていくと

始めてみる視聴者はどんどん置いてけぼりになります。

 

第一期ではアニメを見るだけで80%ぐらい楽しめると思いますが

第二期、第三期はアニメだけだと30%ぐらいしか楽しめません。

というのも原作のシーンをカットしている部分が大幅に増えていくからです。

 

 

アニメと原作を見て初めて100%楽しめる作品

 

 

ということは

アニメの第一期を見て原作を読んだ人が

アニメの第二期と第三期を見る感じですね。

 

十分成功してる?

第一期がアニメを見る全ての人向け

第二期、第三期が原作を読んだ人向け

 

そうすると第二期と第三期は失敗してるのか?

と言われればそこだけ見ると「やっちゃったね」って話ですが

 

第一期で原作小説が売れまくって

第二期と第三期のDVD、BDの売り上げもそんなに落ちていない(売り上げ一覧表まとめより

 

ということは

第一期でファンになった人は第三期までコンプリートしているということですね。

 

そもそもアニメが第三期まで出ること自体、

今のアニメ業界ではなかなかないのではないでしょうか?

 

原作を知っている人は

「アニメ化するとここのシーンはどうなるのか?」

という興味があり、アニメを見たりDVDやBDを購入するのです。

 

アニメの第一期でオーバーロードの魅力を存分に見せ付けることが出来た時点で

オーバーロードはかなり成功しているアニメじゃないかなって思います。

 

まとめ

戦略的に最初の第一期のアニメをお試しの試食コーナーに例えるなら

かなり入り口の広い集客に繋がるのだと思います。

原作のストックも十分にあり、その後第二期、第三期と続いているので

試食を食べた人が欲しがる本製品の数も十分って感じですね。

 

原作がもう少しストックが無ければ勿体無いことになっていたかも?

 

今回はアニメの話でいつもとは違う切り口でしたが

 

こういうところを見て

自分のコンテンツもちゃんといくつか持っている状態で集客がんばろうって思いました(笑

 

あとオーバーロードめっちゃ面白いのでオススメです

オーバーロード(1)

丸山くがね エンターブレイン 2012年08月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

メルマガに登録して教科書をGET!


関連キーワード
未分類の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事