ピックアップ

どうも、こんにちは あけましておめでとうございます。

 

ちょうど取り終わった動画に関連した人と去年末に会ったのでその話するわ。

 

今回の記事は

  • 無料の情報を集めるだけの人
  • スマホゲームで無課金なのに文句は一人前な人
  • 試食コーナーで試食だけしようって最初から思ってる人

 

が、いかに無駄なことをしているかってこと話していくな。

 

副業のやり方を無料プレゼント

っていう言葉、好きな人多いです。

ということでこの間録画した動画です。

さらっと中身話すと

 

無料でクレクレいってくる奴の特徴

  • 無料でもらってばかりで、自分からは何も与えない
  • 自分が貰えなかったら騒ぎ立てる
  • 貰うことに慣れている

ってことや。

 

無料でもらってばかりで自分からは何も与えない

貰ってばっかりの奴って他人に何もあげるもの(提供できるもの)がないんやけど

それって他人にとって無価値なんやな。

 

ちょっとわかりにくい言い方したから深堀りするとな?

 

人間ってメリットのある事をするわけ。

おばあちゃんの肩を揉んだらお小遣いくれるとか

窓ふきしたら給料があがるとか

人にやさしくしたら自己肯定感が高まるとか

結局人間が動く判断基準って「これをすると自分にどういうメリットがあるのだろうか?」を考えてるわけ。

 

自分が持ってる飯のタネ(情報)を見ず知らずの相手に無料であげて、その相手が自分に何もしてくれなかったら

ぶっちゃげどう思う?

 

「なんやねんこいつ、俺が教えてやったのに何もお礼無しかよ」ってなるよな?

 

言葉とか態度に出さなくても頭よぎるやん、そういうこと。

 

その考え方、逆にしてみたら

「自分は貰ってばっかりで相手に何もしてないと相手はどう思うだろう?」

って考えたらわかるやん。

 

また相手は自分に対してメリットがないのに何かしてくれると思ってるの?って話。

 

自分が貰えなかったら騒ぎ立てる、貰うことに慣れている

これ、めっちゃいるよ。

先着特典とかで10人しかもらえないという情報があったとき

11人目がめっちゃ「なんで貰えないんだよ!」って騒ぐのよ。

 

こういうのって日常生活でたまに目にするよな。

電車が動かなないことに腹を立てて駅員さんに怒鳴り散らしてるハゲのおっさんとか、おるやん。

 

誕生日プレゼントで実験してみた

今Amazonの欲しいものリストって公開できるやんか。

SNSで誕生日です!って欲しいものリスト公開する実験をしてみたんや。

1回目 欲しいものリスト公開

1回目は、「誰にも誕生日プレゼント送ってないけど自分だけ公開する」

 

当たり前やけど、誰も誕生日プレゼントは送ってくれなかったわ。

そりゃそうやろ。

例えば、普段何もしてくれないクラスメイトに誕生日プレゼント送るか?って話やん。

 

2回目 ほかの人にプレゼントしてから欲しいものリスト公開

2回目は、ほかの人のAmazon欲しいものリストを誕生日プレゼントでポチポチ押して、

次に自分の欲しいものリストを公開したんや。

 

結果はびっくりするぐらい誕生日プレゼント届いたわ。

ぶっちゃげ欲しいもの特に無かったから、アマゾンで柿ピー登録しておいたら

合計5.6キロの柿ピーが届いたのよ。

ちょっとびっくりしたわ。

3回目 欲しいものリスト公開方法を添える

2回目の柿ピー合戦を見ていたほかの人たちが、

「面白そうだけど、自分は公開方法を知らないんだよ

ネットに上がってるやり方はちょっと古くて、やってみたけどわからなかった」

って言ってたんやな。

 

俺が運営しているほかの趣味でやってる雑記ブログで

「Amazon欲しいものリスト公開のやり方」の記事を図解しながら書いてみんなに教えたら、

誕生日プレゼント送り合い合戦はもっと広がったし、誕生日プレゼントもどんどん届くようになった。

 

自分が誕生日プレゼントを贈ってほしかったらまずは誰かに送れってことやな。

 

財布のひもをがっちり
ひきしめている人に対しては、
愛想の示しようもない。
手は手でなければ洗えない。
得ようと思ったら、先ず与えよ

ゲーテの格言「警句的」より

大切にするのはどっち?

街角でもらった広告入りのポケットティッシュ

ちょっと高級そうな場所で買った1000円のティッシュ

 

大切にするのはどっち?

 

こんなん考えるまでもないよな?

友達が「鼻水出そうやからティッシュちょうだい」って言ってきたらどっち渡す?

1000円のティッシュ渡したとき「それ、1000円のティッシュなんだよ」って言いたくならない?

 

じゃあさ、無料でもらった情報と5000円ぐらいで買った情報、大切にするのはどっち?

 

無料でもらったお得情報とか、むしろ貰ったのに見てなかったりそのまま捨ててたりしない?

 

ぶっちゃげ俺も昔そうやったからわかるわ。

無料プレゼントは飛びついてもらってたのに、貰った情報を読まずに置いてたことある。

めっちゃ ある。

 

でも5000円で買った情報って絶対目を通すよな?

何が違うの?

 

中身の内容?

ちがうやろ、お金をどれぐらい払ったか?やろ。

無料で情報をもらっても結局実践しない

例えば、あんまり知られてない副業の方法で実践すれば必ず稼げる方法ってあるんよ。

何度もできない方法やけどな。

 

私もその情報を持ってて、何人かに無料で提供したことがあるんですけど

実際に私と同じぐらい稼いだ人は誰もおらへんかったわ。

 

話を聞いてみると

「あの方法はイマイチだったのでやりませんでした。ほかの方法ありますか?」

「やり方がちょっとわからなかったです」

 

どこが分からなかったのかを聞いてみたら、Googleで調べればわかるような初歩的なこと。

 

つまり、ちょっと調べればわかることすら実践しなかった。

勿体ないなー。

その方法知りたい人は→こちら

 

大体5万円ぐらい稼げるんやけど、

「この5万円の宝くじ、どこにもっていけばいいのかわからないので捨てました」

って言ってるのと同じやからな?

 

まとめ

結局、無料でもらえる情報の中身よりも、もらう側の人間の問題なことがおおいわ。

 

もう令和にもなってるし、2020年やで?

 

ITの時代やで?

 

お金で情報買って自分の知識増やすことに未だに抵抗持ってる人は、

取り残されていくで。

メルマガに登録して教科書をGET!

 

教科書を受け取ってみる.

真の自由人になるために必要なことをもう少し詳細に説明した本、

ビジネスの教科書「脱従業員」もプレゼント中です。

さらに、教科書の感想をくれた方限定で

「まずは速攻で5万稼ぐ方法」も追加でプレゼント中です。

このラッキーを手にするか、しないかは あなた次第です

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事