こんにちはSEthです。

 

ネットビジネスをやり始めようとしている人(Aさん)から相談を受けました。

自分がこれから発信したいこととかやるべきことは大体分かったのに
実際に行動しようとすると面倒になったり急に不安がよぎったりします。

なかなか行動に移すことができない自分にイライラしてしまうのですが・・・

 

人はなかなか行動しようと思っても行動に移せない生き物です。

 

休みの日にお腹がすいたから食材を買いに行こうと思っても

「外に出るの面倒くさいな」

「買い置きの食材、何かないかな」

「雨降ってるしなぁ」

って面倒になっちゃいます。

 

私なんですけどね。

 

何かをしなくてはいけないと分かっていても動かないとき

人は無意識に「行動しない理由」を探すようになります。

 

先ほど私の心の声を書きましたが

「外出が面倒くさい」→「外に出たくない」

「買い置きの食材があるかな?」→「買い置きがあれば外に出なくていい」

「雨が降ってるしなぁ」→「濡れたくない」

 

自分が行動できない理由って何か分かりますか?

まだ準備が足りないし、周りから変に思われるかなって

 

Aさんは既に出来ない理由を探して自分を説得しちゃってるんですね。

私に相談しながら自分に納得させようとしている心理が働いてました。

 

こういう発言自体が自分の行動を妨げているのです。

 

別にこれが悪いとは言いません。

私もお昼ごはんの食材を買いに行くのが面倒ですからね(笑

 

ここで着目したいのは

行動しなきゃって思うのになかなかできない自分にイライラする
自分に対してイライラしている、自分は弱い人間だと考えるようになっていることです。

 

そもそも人間とは今いる状態や現状は安全と考えています。

今いる場所は慣れ親しんだ環境だからです。

その安全な環境から抜け出すということは

外に脅威があるかもしれないという不安や恐怖が付きまといます。

 

人間が本能的に備わっているので当然です。

 

物理的な環境はもちろんですが精神的な環境も同じことが言えます。

 

自分のステージを上げたり、パラダイムを変化させようとするとき

潜在的にあるマインドブロックが拒否反応を示すのです。

 

つまり、変化するよりも現状を維持したほうが安全だ!

と脳みそがストップをかけてくるからです。

よし、あとは行動するだけだ!
本当にええんか?外は危険やで

うーん、どうしようかな・・・やっぱり不安だ
どんどん面倒くさくなるって思わせよう

こういうマインドブロックをぶち壊すことができるかどうか

継続的に新しいことにチャレンジし続けられるか

 

これがセンスがあるかどうかといっても過言ではありません。

 

途中で挫折していく人はこのマインドブロックで大体倒れていきます。

「全然結果が出ない」

「続けているうちに不安になってきた」

「やってる意味あるの?って思ってきた」

「面倒くさくなってきた」

 

もったいないことに一度マインドブロックを突破して新しいことを始めたのに

継続できなくなってしまいます。

 

僕からしたら

「せっかく始めたのにもったいねぇ!!!!!!!!!」

って感じです

 

ということでこの面倒くさいマインドをぶち壊す方法が

「トリガー」

を作るという方法です。

 

銃のトリガーです。

 

心理学で言うトリガーとは

「強いきっかけ」

のことです。

 

自分で意図的にトリガーを作ると

そのきっかけで行動しやすくなる、行動しなくてはいけないと思わせることができます。

 

ちなみに私のネットビジネスのトリガーは

結構なお金を払ってコンサルティングを最初から頼みました。

自分でもう後戻りは出来ない状態にしたのです。

 

これは私の一例ですので、お金を払うというだけがトリガーではありません。

 

例えば禁煙をしたいなら

タバコ関係のものを思い切って全部捨てるとかでもいいですね。

ふと吸いたくなるけど手持ちにライターもタバコも灰皿もない。

買いに行くのが面倒だからいいか~ってなります。

 

私の知ってる人だと

ネットビジネスを本気でやろうと思って仕事を先にやめました。

お金を稼がないと死ぬから本気でやるしかないと思ったからできましたよ。

とか

大学受験を蹴ってネットビジネスに取り組んだって人もいます。

 

自分が最後まで行動し続けるために

リスクをトリガーにかけるという方法もあります。

 

大事なのはなんであれ

自分が普段しないような決断をあえてやるということです。

 

それぐらいでないとトリガーにはなりません。

 

自分の脳みそをびっくりさせるぐらいの強いきっかけが必要なのです。

 

ビジネスでも勉強でも人生でも

大きく変えるにはこれが出来るかどうかがかなり重要です。

 

むしろびっくりするような決断をすると

あとで人に笑って話せるときがきます。

 

それはあなたの強みであり、武器であり、ストーリーになります。

 

あなたのトリガーを是非探してみてください。

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

私は36歳の頃からネットビジネスを始めました。

とはいえ 最初はただの病院の看護師。
実家は貧乏大家族で才能も特に無く、
全然恵まれた環境ではありませんでした。

看護師になってもあんまり給料が高くない現実をみて

「これじゃダメだ!」

って新しい国家資格を取りましたが、
これが全くの無駄に。

30代にもなって
「新しい職に転職するのもなぁ」

勤めているところに定年までいることの恐怖が頭をよぎることも。

そんな状況からビジネスに出会い
仕事以外の時間で真剣に取り組んだところ
今までに出来なかったことができるようになり
人生の選択肢が増えました。

若い人が起業しているニュースを見ては
「自分とは違う人間たち」
「テレビの中の世界」

そんな風に思っていた世界

だけど本当はそうじゃなかった。

ビジネスを勉強する過程で
仕組みを作る方法や
うまくいってる人がどう考えているのか?
どういう判断基準を持っているのか?
自分が生み出せる価値とは何なのか?

・・・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
大人になってやっと知ることが出来ました。

私の経験を踏まえて
完全な初心者、ビジネスのレベル0でも
ちゃんと勉強して正しく取り組めば
誰だろうとお金を生み出す資産を作れて
自由への第一歩を踏み出せると確信しました。

その私の経験を元に
「完全な初心者、ビジネスのレベル0の私が
どうやって今の状態になったのか?」

そのストーリーを電子書籍にまとめました。

「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
10分程度でサラっと読めると思います。

わたしが従業員を脱出した話 電子書籍「脱・従業員」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば読めます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事