ピックアップ

こんにちは、Sethです。

ツイッターでこんな呟きを固定ツイートにしてます。

 

人生の時間の考え方

私の人生の時間の考え方は2つあります。

 

  • 今が人生において一番若いタイミング
  • 今は「10年後に後悔した自分がタイムマシンで戻ってきた」時代

 

ということです。

 

 

 

今が人生において一番若いタイミング

 

私の知り合いに「楽器を始めたい」と言いながら数年経ってもまだ楽器を買ってすらいない人がいます。

 

例えばこの人が今すぐギターショップに行ってギターを買って練習を始めてしまえば、

一年後には「ギター歴一年」のプレイヤーになります。

逆に口だけ「楽器を始めたい」と言い続けるだけで何も行動しないのであれば

一年後も「ギターをやりたい」だけの人です。

 

この考え方、実は黒柳哲子さんがおっしゃっていた言葉なんです。

あたしはピアノを始めたとき、いい年だったのよ。
今から習ったってしょうがないわよって年。

でもね、考えたの。

今始めなかったら来年の今頃、私はこう思うわ。
「去年始めていればピアノ歴一年だったのに」って。

そして10年経ったらやっぱり10年前に始めていればよかったって思うかもしれないでしょ。
だって10年続ければもう初心者じゃないわ。
ピアノ歴10年って立派なキャリアよ。

だから私は思うの。
何事も始めようと思い立ったときに遅すぎることはないの。

その瞬間から始めればいいの。

何年か後であの時始めればよかったって後悔するよりいいわ。

黒柳哲子さん

私よりも年配の黒柳哲子さんがチャレンジ精神あふれていることに震えてしまいました。

 

私も知り合い同様、

「もう今からでは遅い」とやろうとするのではなく、出来ない理由を並べていました。

 

でもその今からではもう遅いと思った時こそ、新しいことを始める最高のタイミングだと思うのです。

だって今が残りの人生の初日なんですから。

 

今は「10年後に後悔した自分がタイムマシンで戻ってきた」時代

これは巨大掲示板の2ch(現在の5ch)、就職板で書き込まれた1文です。

10年後にはきっと、せめて10年でいいから戻ってやり直したいと思っているのだろう。

じゃあ今からやり直せよ。

未来を。

10年後か、20年後か、50年後から戻ってきたんだよ今

2ちゃんねるの就職板

実は今が「後悔した未来の自分がタイムマシンに乗ってやり直しにきている」と言う考え方。

 

この発想はめちゃくちゃ柔軟な考え方で笑っちゃいました。

 

「うわぁー 何だこの人生 やり直したい!」

って思ってたら実は既に未来から戻ってきてやり直し中だったってこと。

 

 

自分の人生の延長上には何があるのだろうか?

ある程度人生を生きてきて、今のままの人生を続けていくとどうなるのかある程度予想できますよね?

 

私の人生の延長上には、10代に考えていた

「結婚して、子供ができて、家を買って、クルマがあって、海外旅行に行く」

という未来はありませんでした。

 

昔「できる」と思っていたことが、年を重ねていくにつれて「できない」に変わっていく

これはめっちゃストレスです。

もう諦めるしかないんですよね。

 

「できる」と思っていたことがどんどん「できない」に変わっていくと、自分の未来が容易に想像できます。

 

だって、人生の選択肢が狭まるんだもの。

 

 

それで実は今、10年後、20年後、何も出来なくなった自分がたまたま

「タイムマシンで人生やり直せますよ、ただし記憶は当時に戻ります」

って話で戻ってきてるのかもしれない。

 

 

どうしようもなくなった自分がすがりついたチャンスを無駄にすることはありません。

 

私はもうアラフォーです。

40歳になったとき、「30代はまだ若かった、もっと○○しておけばよかったなー」と思うかもしれません。

だって30歳になったとき、「20代は若かった。もっと○○しておけばよかった」と思うことがたくさんあったからです。

 

その経験をもしあなたもしたのであれば

「過ぎ去った過去のことより『また後悔』しないように今行動しろよ!」

 

今方向転換するタイミング

今は「過去の判断の積み重ね」で成り立ってます。

未来は「今の判断の積み重ね」で成り立ちます。

 

今までの人生の延長上にあなたの「理想の未来が無い」とわかれば

「今、方向転換をするタイミング」と思ってください。

 

20年後の未来の結果は

10年後に方向転換するよりも今方向転換したほうが大きく変わります。

 

あなたが理想の未来に一歩でも近づくためには、

「10年後にやろう」じゃなくて「今やろう」へ変わってください。

 

メルマガに登録して教科書をGET!


関連キーワード

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事