こんばんわ、Sethです。

 

私はめっちゃ料理するんですよ。

特にカレーとか肉料理とかあとはタイ料理とかそういうの

カレーは全部スパイスからルーを作ってとかそういうことしてるんですけど

 

実はお菓子系は全然やったことなかったんです。

というか、多分お菓子作りはじめたら絶対にハマって週末はお菓子ばっかり作ってる気がする

という危機感のためお菓子作りはやってませんでした。

あと難しそうだし。

 

良く料理をする同僚とシフォンケーキの話になって

「Sethさんはケーキ作ったら絶対にハマる まずはチーズケーキおすすめです」

 

もうね 意味分からん

ハマるからやらないっていってるだろ!

 

とりあえずレシピをググってみると

え?

これだけで出来るの?

 

家にある材料とちょっと買い足せば作れるやん

 

ちなみにこの記事のトップ画像のチーズケーキは私が作りました。

結局つくったんかい!

 

同僚「作ったらわかることがありますよ、楽しみにしててください」

意味深なことを言われて疑問に思いながら材料を準備していると

 

砂糖70g?

70gってどれぐらいの量なんだろう?

ちなみにスティックシュガーが1本3g

ということは・・・

 

スティックシュガー23本分だと!?

クリームチーズ200gって薄いレンガサイズじゃねーか!!

 

この量で出来たチーズケーキは直径15cm

つまりは両手のひらサイズ

 

両手のひらサイズのケーキに含まれている材料が

スティックシュガー23本、薄いレンガサイズのクリームチーズ、その他もろもろ

 

なんてカロリーの暴力なんやこれ

 

同僚「作ったらわかることがありますよ、楽しみにしててください」

 

そうか、これが言いたかったのか

普段なんとなく食べるチーズケーキにこの量の砂糖、チーズ、バター・・・

 

実際に作ってみないと砂糖70gなんてわからないんですよ。

ヤバイ

糖質制限ダイエットに中指を立てながらツバを吐きかけている気分だ。

 

それにケーキってなんか材料の加減とかオーブンの温度加減とか難しそうって思ってましたけど

実際に作ってみると超簡単。

 

混ぜて型にいれて予熱してたオーブンで焼くだけ。

材料を混ぜること10分、型に入れて45分焼くだけ。

 

チーズケーキ完成まで1時間かからなかったです。

 

やらないとわからないんですよ

チーズケーキ作るまでは

「ケーキって難しそう」って漠然と思ってましたけど

マジ簡単。なんだこれ?

外で買うより自分で作ったほうが安いし短時間で出来るし。

 

そうか、これがとりあえずやってみる精神

 

そう思ったら笑ってしまった

 

とりあえずチーズケーキ作ってみた。

作ってみたら簡単だった。

あと砂糖70gってのが大体どれぐらいか分かったし

クリームチーズの重さでサイズが分かるようになった。

あと旨い。カロリーは旨い。

 

なんだってそうだ

 

実際にやってみないと簡単かどうかなんてわからない。

例えば私はフルマラソンとか走ったことがない。

42.195kmとか

もう車使えよって思う。

体育の時間のマラソンとか本当に嫌いだった。

走る意味が分からない。

高校生のときに10kmをマラソンで走ったことはあったけど

それの4倍以上とかもう絶対に死ぬ

車使えよ。

 

多分、フルマラソンしないと死ぬって言われないと絶対にやらない

フルマラソン走って死ぬ

 

でもとりあえずやってみたら案外楽勝なのかもしれない

最初はやっぱり完走とかムリでも途中のペース配分とか考えたり

水分補給の効率的な方法とか

走り方とか

走る装備とか

そういうのを失敗しながら効率よくしていく。

 

そうすると多分俺でも走れる。

走ったことないけど。

だってチーズケーキ作れたんだもん。

 

実際にやらないとその中身ってわからんのですよ。

 

フルマラソンのランナーに話を聞いたことがあるんだけど、

走ってるときに痛くなる体の部位ってどこだと思います?

 

足? そりゃそうだ。

 

ほかは?

 

 

実はチクビなんですよ。

 

いや、マジで。

 

Tシャツが走って上下に動いてチクビが擦れるんですって。

だからチクビパッチ(ニップレス)つけるんだって。

 

そんなん、走らない人絶対しらないやん。

やってみないとわからないやん?

何の知識も無い状態でフルマラソン走ったら負傷したのがチクビ

これが1回目のやってみる。

 

2回目はチクビが負傷するから絆創膏とか張る。

これが最適化。

 

そんで、これから初めてフルマラソンを走るぞって人に

「何か気をつけることありませんか!」って聞かれたら

「チクビに絆創膏張ったほうがいい」ってアドバイスする。

これが価値提供。

 

だからもしあなたが誰かに価値提供したいんだったら

とりあえずやってみる精神で新しいことにチャレンジ。

チャレンジして初めて知ったこと、感じたこと、初心者視点

それを覚えておいて自分を最適化させる。

 

そんで初心者の誰かが同じことをはじめようと思ったときに

躓くこと、初めて知ったこと、失敗って大体一緒。

だからそれを踏まえたうえでアドバイスするのが価値提供になるんじゃないかな。

 

だから私はチーズケーキは作ったら嫁に食べさせることにします。

 

 

電子書籍を無料でどうぞ

私は36歳の頃からネットビジネスを始めました。

とはいえ 最初はただの病院の看護師。
実家は貧乏大家族で才能も特に無く、
全然恵まれた環境ではありませんでした。

看護師になってもあんまり給料が高くない現実をみて

「これじゃダメだ!」

って新しい国家資格を取りましたが、
これが全くの無駄に。

30代にもなって
「新しい職に転職するのもなぁ」

勤めているところに定年までいることの恐怖が頭をよぎることも。

そんな状況からビジネスに出会い
仕事以外の時間で真剣に取り組んだところ
今までに出来なかったことができるようになり
人生の選択肢が増えました。

若い人が起業しているニュースを見ては
「自分とは違う人間たち」
「テレビの中の世界」

そんな風に思っていた世界

だけど本当はそうじゃなかった。

ビジネスを勉強する過程で
仕組みを作る方法や
うまくいってる人がどう考えているのか?
どういう判断基準を持っているのか?
自分が生み出せる価値とは何なのか?

・・・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
大人になってやっと知ることが出来ました。

私の経験を踏まえて
完全な初心者、ビジネスのレベル0でも
ちゃんと勉強して正しく取り組めば
誰だろうとお金を生み出す資産を作れて
自由への第一歩を踏み出せると確信しました。

その私の経験を元に
「完全な初心者、ビジネスのレベル0の私が
どうやって今の状態になったのか?」

そのストーリーを電子書籍にまとめました。

「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
10分程度でサラっと読めると思います。

わたしが従業員を脱出した話 電子書籍「脱・従業員」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば読めます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事