ピックアップ

こんにちは、Sethです。

情報発信とかブロガーをやっているとどうしても「ブログ記事がなかなか書けない」「時間がかかりすぎてしまう」とか思ったりしませんか?

 

今回の記事は情報発信とかブロガーさんが 楽に使える 記事のテンプレート を解説しておきます。

このブログ記事テンプレートを使うことで 時短して サクサク 記事 書いていけますね。

 

ブログ記事テンプレートを使って時短

記事の構成は以下の通りです。

導入部分 タイトルと冒頭文で導入
記事本文 見出し1
記事の内容
見出し2
記事の内容
見出し3
記事の内容
まとめ部分 まとめ(←見出し)
まとめの内容

 

1つずつ解説していきます。

ブログ記事テンプレート「導入部分」

冒頭文を作る

冒頭文は最初に書く文章ですが最重要ポイントです。

ここで読者に刺さる言葉が書いてないと、一発で離脱されます。

ブログを書いている人が一番勘違いしているのが「読者は最後まで読んでくれる」と思っていることです。

 

あなたが他人のブログを読むとき、隅々まで読んでますか?といえばわかりますね。

 

「導入部分」は、タイトルと冒頭文でできています。

また検索エンジンでも特別な対策をしていない限り冒頭文が引っかかることになります。

 

型に当てはめれば簡単に作成可能です。

冒頭文のテンプレ
1、読者が 一番知りたいこと を文章で入れる。(疑問系でもOK)
2、読者に 共感する 文章 を入れる。
3、この記事を読むことで どういうメリットがあるのか? を書く。
4、この記事で紹介していることを サラっと 要約 する。
5、この記事は ~~という人 向けです と具体的に書く。
この型の組み合わせを使えばかなり楽チンに冒頭文を書くことが出来ます。

例:この記事の冒頭文

情報発信とかブロガーをやっているとどうしても「ブログ記事がなかなか書けない」「時間がかかりすぎてしまう」とか思ったりしませんか?

↑(1)

 

今回の記事は情報発信とかブロガーさんが 楽に使える 記事のテンプレート を解説しておきます。

↑(4、5)

 

このブログ記事テンプレートを使うことで 時短して サクサク 記事 書いていけますね。

(3)

人が記事を読むときはいつだって「自分に関係があること」だけです。
出来れば5行以内で完結させましょう。

「記事タイトル」はキーワードを入れる

メチャクチャ当たり前ですが、めちゃくちゃ重要なポイント。

キーワードは1~2個で十分です。

 

理由は2つ

  1. 検索エンジンでひっかかりやすくなる
  2. 読者の視認性を第一にする

 

検索エンジンでひっかかりやすくなる方法は沢山ありますが、重要なのは「キーワードの詰め込みすぎに注意」と言うことです。

 

ブログ記事テンプレート「本文部分」

記事本文は「見出し」と「記事の内容」

記事の本文は見出し→記事の内容で構成します。

見出しで次に書かれている文章の概要が頭に入るので、記事の内容が入りやすいです。

記事タイトル、導入文
Aとはそもそもなんなのか?→Aの解説記事
Aを効果的に使う方法→Aの使用方法解説記事
Aを使った作品例→作品と実際使った使用方法紹介

私が他のブログ記事でよく使うパターンです。

 

「キーワード+とは」は分からない単語を検索するときに使われるキーワードです。

例えば「メタディスクリプション」という単語が分からないときに検索されるのは

メタディスクリプション とは?」です。

ずばりこの検索ワードを予測して「Aとは」をキーワードとして見出しに使っています。

 

あとはそのキーワードに関する事柄を書けばOKです。

 

ブログ記事テンプレート「まとめ部分」

最後の「まとめ部分」は今まで書いてきたこの記事の総まとめです。

読んでもらった記事の内容を要約して

「こういうこと、こういうこと、ここが重要でしたね」とおさらいしてもらう部分です。

ここはサラっとでOK。ただし、解説系の記事であれば絶対に入れましょう。

 

まとめ

今回はブログ記事テンプレートのお話でした。

導入部分 タイトルと冒頭文で導入
記事本文 見出し1
記事の内容
見出し2
記事の内容
見出し3
記事の内容
まとめ部分 まとめ(←見出し)
まとめの内容

この構成を使えば、割と簡単に作ることが出来ます。

  • 導入部分で「誰向け?」「読むとどうなる?」を簡潔に伝える
  • 記事で解説したことをまとめで 要約して おさらいさせる

 

記事の書き方は導入部分、記事本文、まとめ部分という3構成を使えば楽に記事を書くことが出来ます。

 

という今回は珍しくブログライティングのお話でした。

文章のライティングについてはこちらの動画で解説しています。


 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事