はい、答えだけ知りたい人のために先に結論言います。

 

「自分を変えたければ股間の毛を剃れ!!!!」

 

こんにちは、Sethです。

いきなり冒頭ですごいこと言いましたが、

後でちゃんと説明しますのでご安心ください。

 

最近ツイッターを始めてからいろんな人と知り合うことが増えたんですけど

「自分を変えたいけどなかなか変えられない」

「どうすればいいのか分からない」

ツイッターとかブログでそういった話をよく聞きます。

 

それ、めっちゃわかるわ!!!!

 

私は昔は自分がめっちゃ嫌いでした。

ちょっと私の話していいですか。

 

私は4人兄弟の一番末っ子で、

小学5年生でクッソデブだったんですよ。

小学生なのに体重64kgとかありました。

メガネかけてたんですけどフレームが頭に食い込んでました。

しかもちょっといじめられっこ。

 

だけど自分を変えようとか、何で自分が嫌いなんだろう?って

全然思いつきもしなかったんですよね。

 

カッコイイ人を見ては「あの人はいいなぁ」

お金持ちの家の友達を見ては「俺もその家に生まれたかったなぁ」

とか

 

もうどうしようもないことを考えてたんですよ。

いやいや、そんなの変えられないし。

 

カッコイイとかは整形するしかないし

生まれる家なんてのはリセマラできないしね。

 

だから昔の自分みたいに自分が嫌いな人とか、なんか変えたいけどやり方がわからん人のために記事を書こうと思います。

 

自分を変える方法って私が有効的だなと思うのは2つあって

  1. どう変えたいかわからないけど、とりあえず自分を変えたい
  2. 自分の嫌いなところを変えたい

変えたいって事は一緒なんですけど

前者のほうは「明確に変えたい理由がない」

後者のほうは「明確に変えたい理由がある」

 

まず簡単なほうからやりましょう。

②自分の嫌いなところを変えたい

 

これは先に自分の嫌いなところ、変えたいところを紙に書き出すんです。

 

例えば昔の私なら

デブ
メガネ
運動音痴
肌が色白
天然パーマ

とりあえず5つぐらい。

書いたらその右側に反対の言葉を書きます。

デブ 痩せてる
メガネ 裸眼
運動音痴 スポーツできる
肌が色白 肌が焼けてる
天然パーマ ストレート

ほら、それを一つずつやっていけばいいんです。

 

私の場合は

デブは柔道をやり始めて一気に痩せました。

メガネはレーシックで裸眼です。両目とも視力は1.2です。

運動音痴は身を守るために柔道や護身術、スポーツはボルダリングやってます。

肌が色白だったのは日焼けサロンで色黒に焼けました。

天然パーマはヘアカットでなんとでもなります。

 

クラスに一人はいるようなデブでメガネ、運動音痴の色白天然パーマ野郎が

一気に変わっちゃったんです。

 

この方法をやると「やることが明確化される」ので自分を変えるのがめっちゃくちゃ簡単なんです。

 

次は前者の「どう変えたいかわからないけど、とりあえず自分を変えたい」はですね

「自分を変えたければ股間の毛を剃れ!!!!」

はい 出ましたここです。

男性だと股間だけじゃなくて髪の毛と眉毛以外全部剃ってください。

女性は元々剃ってる人が多いので一概には言えませんがとりあえず剃ってください。

 

なんでこんなことさせるのかっていうと

「自分が今までやったことないことをやる」というのが重要です。

今までやったことがないことというのは、やってみるとどうなるか予測が不能なんですよ。

 

首から下の毛を全部剃ると、剃ったことがない人は多分感動するかもしれません。

私も実際に「うおおおおおおすげえええええええええええwwwwwwww」

ってお風呂入ったときに感動しました。

 

なぜかは、やってみてください(笑

 

毛を剃れっていうのは極端なことなんですけど、

  1. お風呂場で10分で出来る
  2. 湯船につかると感動する
  3. 朝起きたときにも感動する

こういうことが簡単に経験できるんですよ。

これは心理学で自己効力感と言われていて

「自分がやったことの成果を実感すること」なんです。

成功体験とか言う人もいます。

 

毛をゴッソリ剃るとある意味満足感が出ます。

「うわー めっちゃ剃れたわー スースーする」

朝起きたときに体に違和感があって

「そうだ、俺昨日体毛剃ったんだ」と時間を置いて気付けるわけです。

これがすごい重要。

 

俺、変わったんだなって気付けるってことですよ。

 

元々全然毛が生えてない人もいるので、そういう人は

「日焼けサロン」に行った事がなければ行ってください。

私も30代で初めて日焼けサロンに行って面白かったですよ。

 

自分の人生で1度も訪れることがないだろう店に行くんです。

めっちゃ簡単に未知の体験が出来ます。

ゲイバーとかでもいいです。

 

とにかく自分が一度も行ったことがない、一度も行く予定が無い店に入ってください。

 

新しい体験って自分を新しくしてくれます。

それは成長かもしれませんし、新たな発見かもしれません。

 

これを読んだあなたはお風呂場で毛を剃りたくなるはず!1!

 

そんな日サロに行って体毛を剃った私の自己紹介は↓からどうぞ

 

電子書籍を無料でどうぞ

私は36歳の頃からネットビジネスを始めました。

とはいえ 最初はただの病院の看護師。
実家は貧乏大家族で才能も特に無く、
全然恵まれた環境ではありませんでした。

看護師になってもあんまり給料が高くない現実をみて

「これじゃダメだ!」

って新しい国家資格を取りましたが、
これが全くの無駄に。

30代にもなって
「新しい職に転職するのもなぁ」

勤めているところに定年までいることの恐怖が頭をよぎることも。

そんな状況からビジネスに出会い
仕事以外の時間で真剣に取り組んだところ
今までに出来なかったことができるようになり
人生の選択肢が増えました。

若い人が起業しているニュースを見ては
「自分とは違う人間たち」
「テレビの中の世界」

そんな風に思っていた世界

だけど本当はそうじゃなかった。

ビジネスを勉強する過程で
仕組みを作る方法や
うまくいってる人がどう考えているのか?
どういう判断基準を持っているのか?
自分が生み出せる価値とは何なのか?

・・・・・

学校では絶対に教えてくれないことを
大人になってやっと知ることが出来ました。

私の経験を踏まえて
完全な初心者、ビジネスのレベル0でも
ちゃんと勉強して正しく取り組めば
誰だろうとお金を生み出す資産を作れて
自由への第一歩を踏み出せると確信しました。

その私の経験を元に
「完全な初心者、ビジネスのレベル0の私が
どうやって今の状態になったのか?」

そのストーリーを電子書籍にまとめました。

「ビジネスを勉強する最初の教科書」
として読んでみてください。
10分程度でサラっと読めると思います。

わたしが従業員を脱出した話 電子書籍「脱・従業員」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば読めます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし今回の記事が役に立った!
と思ったら、
あなたのSNSでシェアしていただけると嬉しいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事